プロペシアの注意点

女性には適していません

病気の名前を見てもらえばわかると思いますが、男性系脱毛症ですので、女性の服用は基本的にはできない決まりになっています。
女性が服用してしまうと、思わぬ危険性が現れる場合もありますので、万が一女性の人で、髪の毛に悩んでいるのであれば、医師などにしっかりと相談すれば、他の方法で治療が可能ですので、心配しなくても大丈夫です。
ちなみに名前は男性系脱毛症なのですが、女性が絶対にならない病気という訳ではありません。
少なからず女性にも同じような病気にかかる事はありますが、治療が比較的簡単という事や、同じような薬を服用する事も可能という場合もあるので、気軽に医師などに相談してみる事をお勧めします。


副作用に注意

プロペシアはサプリメントでは無く薬ですので、副作用が起こる可能性も少し高くなっているのが現状なのです。
ではどんな副作用があるのでしょうか。
プロペシアの主な副作用として挙げられるのは、性欲の減退が挙げられる他、胃腸などの不快感を覚える場合もあります。
更に頭痛が頻繁に起こったり、腹痛や下痢になる事もしばしばあるようですが、それ程重い症状が出たという報告はされていないようですが、一番多い副作用が性欲減退なのです。
他に病気にかかっていたり、他の薬を使用している場合には、必ず医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。


耐性問題

プロペシアは長期間服用する事が多くなる薬ですので、当然体に耐性ができてしまい、効果があまり出なくなってしまう場合が多くあります。
大体2年ぐらいまでは効果がある状態が続いているのですが、3年目ぐらいになってくると、徐々に効き目が薄れてくるという事がわかっているのです。
更に4年や5年と使い続けると、効果が殆ど無くなってしまい、以前の状態に戻ってしまう事もあるという報告もされているのです。
しかも服用していないと抜け毛が増えてしまいますので、男性系脱毛症の患者にとってはどちらが良いのか判断できない厳しい状況にある事も確かなのです。




COPYRIGHT(C) 育毛サプリメントの口コミランキングALL RIGHTS.